3月12,13日に三笠の桂沢スキー場にて秀岳荘杯がありました。毎年参加している我が家ですがついに私も来シーズンからはジャッジになるため、レース参加は最後となりました。
まあ大転倒などもありましたがなかなか楽しかったです。
スタッフと話して気になったのですが、本気モードのテレレースの参加者が年々減少しております。ところがファンレースなどのお気楽レースの場合は当日参加などの希望者が多いそうです。どうしてかなあ?
いずれにせよ周りでは徐々に啓蒙活動の成果?により、少しずつテレマーカー化してきていますので、今度はそのメンバーをいかにレースへ参加させるか?というのが課題です。
景品で釣るか?