drecom_bootech

羊の皮をかぶった大豚?

2008年07月

21 7月

メッセンジャーバック

マウンテンバイクに乗るためには、やはりファッションから・・・・
という我が家のポリシーから、今更ながらメッセンジャーバックを注文した。(笑)
春からずっとセレクトショップめぐりをして気に入ったものを探していたが、デザインがよくてもサイズがとか、色目が気に入らないなどで決めかねていた。
フリースキーの影響でザック類は本当に腐るほどあるのだが、メッセンジャーバックのほうが今風だから・・・・(大笑)
結局最もオーソドックスながらティンバックⅡのLサイズに落ち着いてしまったが、いざ注文を出すとLサイズはメーカーでもすでに完売だそうでものすごく焦る!!!
困ったときの秀岳荘頼み?で何とか確保してもらった。(大笑)
なかなか受け取りに行く時間がとれないので、今度時間を作って取りにいってきます。(笑)
tb8-cml-bgs.jpg

他の色やXLのサイズもあったのですが、結局最初に取りおきしてもらっていたサイズと色にしました。
ボンちゃんは自転車通学以外でも沢山入るこのバックで通っています。(笑)
19 7月

マウンテンバイクのその後

マウンテンバイクはどうなった?という声をいただいたので写真を載せます。(笑)
ma2.jpg

私が乗っていたマングースは今はボンちゃんの通学マシーンになっております。

ma1.jpg

ママが乗っていたマウンテンキャットはこんなふう。
どちらも当時のパーツはほとんどフレームくらいで様変わりしております。
今回のポイントはカラーリングでチャームポイントはヴィトン風?のグリップかな。(大笑)
6 7月

マウンテンバイク

子供が生まれる前だからかれこれ16.17年くらい前に飛行機のビデオでマウンテンバイクのレースが紹介されており、それに影響されて夫婦でマウンテンバイクを買った。ショップは東京から来たばかりのサムズバイクのMさん。とても親切で気さくな方だったので、人柄にほれてしまった感じ。
当時狭かった店内には国産車くらすのバイクもあった。お金ができたら100万円のマニトゥを本気で買うつもりだった。(大笑)
私はそのころもウエートがあるので、ショップの人の勧めでアメリカ製のバイクを選んだ。メーカーはマングース。そのころのカリスマライダーだった塚本タケシ?に影響されたのもあった。
嫁さんはとにかく塗装が美しいので一発決めのマウンテンキャット。メーカーは電気業界ではいわずと知れた世界のパナソニック!自転車のいいものを作っている!かどうかは知らないけれど・・・・・
その骨董品?のマウンテンバイクは今も我が家では現役である。
さすがにパーツなどはほとんどというほど交換されてしまたけれど。
息子が生まれて幼稚園までは嫁さんがサイクルキャリアに乗せていた。
レカロのようなバケットシートでセーフティベルトも付いており、もちろんヘルメットを着用していた。キッズのメットは国産のはどれもかっこ悪く、通販で取り寄せた。
そして幼稚園に入ったころハローのちびっ子BMXを買った。
シルバーポリッシュの本格派?でチェーンカバーとコースターブレーキがなければ大人用と見分けが付かなかったくらい。(笑)
千歳の美々川とマンションの駐車場、青葉公園で練習をした。
そして小学校に入りまたまたハローのBMXを買った。
これはつい最近まで乗っていたが、札幌に引っ越してきたのでまだこちらには持ってきていない。
この年代もののマウンテンバイクをまたまたパーツ交換をして、今風にしてみようと思っている。
しあがったら写真いりでアップします。(大笑)
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ